看護師の休日

ローテーションなどで複雑な看護師の休暇事情

 看護師の休日は勤務形態によって変わります。 2交替制か3交替制かということです。 ただ、一応、決まり上は週に2日の休みをとれるようにはなっているそうです。

 しかし、普通の人のように○曜日が休みでということは難しいでしょう。 病院を空にするわけにはいかないので、看護師でローテーションを組み、 それで上手くやりくりしている状態だからです。 特に、3交替のように、朝方に仕事が終わる人、夕方に終わる人、 深夜に終わる人が出て来ると、休みは複雑化します。

 ただ、実際に働いてみると週に2日の休みが保証されているかどうかっていうのは 非常に怪しいですし、有給をとる権利もあるはずなのに とらせてもらえないということも珍しくないそうです。

 確か、有給は1年目の看護師で年に10日間、 その後1年ごとに1日ずつ増えて最大で20日間の有給がとれるようになるはずです。 しかし、先にも書いたように病院の忙しさを理由に有給申請が認められないと いう現場もあるのが現実です。

 ちなみに、同僚の看護師同士で休みを交換するということも出来るそうです。 例えば、どうしても休みたい日に同僚に仕事を変わってもらい、その代わり、 その同僚の仕事の日に自分が出勤するということです。 尚、3交替よりも2交替の方が長い休みを取り易いので、看護師には人気があるそうです。


Copyright (C) 看護師のなり方ナビ All Rights Reserved