看護師の勤務形態

複雑なシフトが絡み合う看護師のお仕事

 看護師の勤務形態には2交替制と3交替制があります。 2交替は24時間を日勤と夜勤の2つに分けたものであり、 3交替は日勤、準夜勤、深夜勤の3つに分けたものです。

 時間の分け方は全ての病院で統一されているわけではありませんが、 平均すると3交替の場合は午前8時〜午後4時30分が日勤、 午後4時30分〜午前0時が準夜勤、午前0時〜午前8時30分が深夜勤となっているらしいです。

 2交替の場合は12時間勤務ということになりますが、 当直込の16時間と8時間勤務などの変則時間になることも珍しくないそうです。

 また、24時間を3つで割ると8時間ですが、上記でそうなっていないのは 申し送りと呼ばれる引き継ぎがあるからです。 患者さんの状態を報告する為に設けられた時間であり、 最低でも15分はとらなければいけないと決まっています。 今までは圧倒的に3交替制の方が多かったですが、 今は徐々に2交替制が増えて来ていると言われています。

 メリットとしては、担当看護師が何度も変わる3交替よりも 2交替の方が患者さんに安心感を与えられること、 看護師にとっても2交替の方が休日が多くなるので休みの予定を立て易くなることです。

 ただし、勤務形態は病院の規模や看護師の数によって大きく左右されるので、 3交替であっても患者さんのことを考えていないというわけではありません。

 こんな体力勝負の看護の場で、男性看護師のニーズがとても高まっています。求人情報を参考に、男性も看護の道を進んでもらったら医療界に大きく貢献できることでしょう。


Copyright (C) 看護師のなり方ナビ All Rights Reserved