看護師のやりがい

やっぱり看護師になって良かった!と感じる瞬間とは

 看護師のやりがいの1つは、やはり患者さんが退院出来るところまでお世話し、 それを見送るということではないでしょうか。

 例えば、自分で咀嚼することが出来ないほどの状態だった患者さんが 徐々に回復していき、やがて元気になって退院出来るようになった時、 更にそれまでの看護について感謝された時、看護師はとても感動するそうです。 これは、多くの看護師が持つ気持ちではないでしょうか。

 また、看護において患者さんと信頼関係が結べた時にも、 やはり看護師で良かったと思う方が多いみたいです。

 看護師は過酷な仕事です。憧れや手に職をつけたいというだけの理由では、 とても勤まらない仕事かもしれません。 実際に看護師になって数年以内に止めていく人も多いそうです。

 労働の過酷さ、同僚や上司と上手くいかない、 時には患者さんと上手くいかないこともあるでしょう。 それでも、患者さんが回復していく時、そして退院して行く時、 ありがとうと感謝される時、やりがいを感じる仕事でもあるのです。

 もちろん、日々の看護などにやりがいを感じる看護師もいるでしょう。 何にしても、もしもやりがいを見いだせないのならば、 看護師を続けていくことは非常に難しいかもしれません。

 医師の医療行為の一部を担う特定看護師の制度がスタートしています。よりやりがいが感じられる看護のエキスパートな仕事といえます。


Copyright (C) 看護師のなり方ナビ All Rights Reserved